| main | えいご漬け 改訂版 |プラト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人を大切にする経営 個を活かす3つの技術 |池上 孝一 /岡村 直昭
人を大切にする経営 個を活かす3つの技術人を大切にする経営 個を活かす3つの技術
池上 孝一 /岡村 直昭
ファーストプレス 刊
発売日 2006-06-17
オススメ度:★★★★






『ガリバー旅行記』のような入門書 2006-07-10
『ガリバー旅行記』という本がある。多くの人が子供のころこの本を読み、小人の国や巨人の国での大冒険に、胸をときめかせたことだろう。一般に、子供向けの冒険活劇と思われているこの本だが、実は18世紀のイギリス社会を痛切に風刺した小説であり、政治学入門書であり、法律や宗教などさまざまな問題を提起した本であることはあまり知られていない。それゆえ、この本は読み手の教養や関心、立場によってさまざまな読み取り方ができ、子供から知識人、為政者まで、読む人がそれぞれ違った啓発を受け、楽しめる本なのである。

 さて、本書『人を大切にする経営』についてである。私は池上孝一氏の著書を読むのはこの本で2冊目である。前回の『顧客理解の技術』でも感じたことだが、池上氏の著作は『ガリバー旅行記』と同じく、初心者、専門家、経営者、学生などいろんな立場の人が読み、それぞれに役に立つ本である。たとえば、人事などヒューマンリソースの専門家が本書を読むと、きっと取り立てて新しい概念の発見はないだろう。しかし、読み進めていくうちに、頭の中でどんどん発想がわき出してくるはずだ。なぜなら、本書には基本的なことが実に整然と整理されているからだ。だから、新発見は少ないけど、再発見や思考の連鎖が次々と起こり、頭が整理されていく。頭の中に引っかかっていた悩みが解決する。とてもありがたい本である。おかげで私も最後まで読み終えるのにずいぶん時間がかかってしまった(笑)もちろん本書は入門書としても良書である。

 今朝、サッカーW杯優勝チームがイタリアに決まった。この1ヶ月間、睡眠時間を削って、テレビ中継を観ていた人にも本書はお勧めである。ブラジルやアルゼンチンではなく、何故、イタリアやフランスがW杯決勝に進んだか、その理由を本書から読み取ることができるからだ。勝ち上がるチームの組織と個人の力のあり方がきっと理解できると思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫



| 教室運営・経営関連書 | 23:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - |